蜂の子サプリメントの選び方

蜂の子はサプリメントで摂れる!

蜂の子には、体内で合成できる非必須アミノ酸と体内で合成できない必須アミノ酸が18種類も含まれているだけでなく、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれています。
栄養価が高いことから、蜂の子は貴重なタンパク源として様々な国で古くから食されてきましたが、食事だけで必要な栄養素を摂りきれていない現代人の栄養補給にもぴったりです。
しかし、蜂の子は蜂のさなぎや幼虫です。
蜂の子の味自体は淡泊かつクリーミーなのですが、形や食感は調理をしても蜂の子のままなので、栄養価が高いとわかっていても口に入れるのは抵抗感が強いと感じる方が多いようです。

そこで重宝されているのが、蜂の子のサプリメントです。
現代では、様々な製法によって蜂の子の成分をカプセルなどに詰めて、味や食感を気にすることなく蜂の子の栄養を補給できるようになりました。
では、蜂の子のサプリメントを選ぶ際にどんなことに気を付けて選べばよいのでしょうか?

蜂の子のサプリメントの選び方

蜂の子のサプリメントを選ぶ際のポイントは主に4つあります。

蜂の子の加工方法、含有量

蜂の子は栄養が豊富な食品ですが、どんなに良い栄養成分が含まれていてもしっかりと体に吸収されなければ意味がありません。
栄養成分の吸収率を良くするためには成分を低分子化する必要があります。
蜂の子の栄養成分を低分子化する技術が「酵素分解」です。
蜂の子を酵素分解することによって、蜂の子を生で摂るよりも蜂の子の栄養成分を吸収しやすくします。
つまり、蜂の子が酵素分解されているサプリメントは生の蜂の子よりも吸収が良いので高い効果実感が期待できるといえます。
ですから、蜂の子のサプリメントを選ぶ際は蜂の子が酵素分解されているものを選びましょう。
また、サプリメントに含まれる蜂の子の含有量もしっかりチェックしてください。
1日の目安摂取量に含まれる蜂の子の含有量はサプリメントによって違いますので、より効果を感じたい方は、蜂の子の量が多いサプリメントを選ぶことをおすすめします。

蜂の子の品質

蜂の子サプリメントの原料である蜂の子の多くは、中国や台湾などのアジア圏から輸入されたものです。
輸入されたものといっても、一定の品質や安全性は確保された環境の下で蜂の子の採取や加工がされていますので、輸入物だからといって粗悪品とは限りません。
しかし日本国内では、外国産の蜂の子よりも国産の蜂の子の方が味も品質も高いといわれていますので、国産の蜂の子を使っているサプリメントも同様に外国産の蜂の子を使っているサプリメントよりも質が高いといわれています。
質の高さは産地だけでなく、蜂の種類でも変わります。
オスの蜂の子は、成虫になる21日前になると体内のアミノ酸などの栄養成分が一気に高まるので、羽化して成虫になる手前の21日目の蜂の子が最も栄養価が高いといわれています。
サプリメントを選ぶ際も、成虫になる21日前のオスの蜂の子を使ったサプリメントがおすすめです。

サポート成分

蜂の子のサプリメントには、蜂の子の栄養素と相乗効果を持つ栄養素が含まれている製品が多く存在します。
例えば、蜂の子にはビタミンがバランスよく含まれていますが、食べ物のたんぱく質からエネルギーを産生するために必要なビタミンB6は含まれていませんので、エネルギー効率をよくしたい方はビタミンB6がサポート成分として含まれたサプリメントが良いでしょう。
ほかにも蜂の子には、赤血球中のヘモグロビン生成を助けたり、神経を正常に保ったりするビタミンB12が含まれていませんので、貧血になりやすい方や野菜中心の生活の方はビタミンB12がサポート成分として含まれたサプリメントがおすすめです。
サポート成分は、自分が蜂の子を摂る目的を助けてくれるものを選びましょう。

価格

蜂の子は栄養豊富な食品ですが、薬ではありませんので毎日継続して摂らなければ効果実感は得られません。
最低でも2~3ヶ月は続けることが重要ですので、無理なく継続出来る価格を選ぶこともサプリメントを続ける上で大切なことです。
また、サプリメントは高額なものが良いものとは限りません。
どんなに高額でも効果実感を得られなければ摂る方にとって価値はありませんので、価格に左右されずに自分の体と相性の良いサプリメントを選びましょう。

蜂の子には現代人が不足しがちな栄養素がバランスよく含まれていますので、毎日忙しくて栄養が摂り切れない方や、栄養不足な方などの栄養補給には最適です。
より早く効果実感を得るためにも、今回ご紹介した4つのポイントを踏まえて自分に合う蜂の子サプリメントを見つけましょう。